男女

女性専用の育毛剤は頭皮に優しいから安心できる

男性型脱毛症の治療薬

男の人

ザガーロは、男性型脱毛症の治療薬の中でも、特に注目されています。男性型脱毛症の原因となっている還元酵素は2種類あるのですが、その両方の働きを阻害できるからです。安全性の高い薬ですが、勃起しにくくなったり性欲が少なくなったりすることがあるので、適量を服用するように気を付けることが大事です。

薄毛に効果のある再生医療

櫛

従来の薄毛対策はは一時的であったり早めに行わないと期待していたような効果が現れないなどの欠点もありました。そこで注目されるようになったのが再生医療です。HARG療法は再生医療を応用した薄毛治療であり、より根本的な治療であるために男女共に効果があり一度治療してしまえば普通の毛髪と同じようになります。

薄毛を治す強い効果がある

メディシン

薄毛を治療できる新薬としてザガーロがあり、海外で開発されたAGA治療薬です。プロペシアとは違って、主成分がデュタステリドで薄毛を治すための強い効き目があります。横浜のどこの病院でも処方が可能というわけではないので、事前に確認を行うことをおすすめします。

頭皮環境を改善するには

ウーマン

頭皮にあったものを使う

頭皮環境が悪化すると、抜け毛が増えて薄毛になります。頭皮環境を良くするために使うのが育毛剤です。育毛剤には、悪化したヘアサイクルを改善し、毛髪を太く育てる効果があります。良好な頭皮コンディションを整えるために、育毛剤はなくてはならないアイテムです。薄毛に悩む女性が最近増えているので、レディース用の育毛剤も多くなっています。レディース用育毛剤は、女性が使っても安心できる、植物由来のエキスで出来ています。植物由来エキスが頭皮に働きかけて、乱れた頭皮環境を正常にします。ただし、頭皮環境は人によって違うので、頭皮にあった植物由来エキスを使っているレディース用育毛剤を使うことが大切です。乾燥したフケが多い人は頭皮が乾燥している可能性があります。そういう女性は、保湿成分をたっぷり配合しているレディース用育毛剤が効果的です。逆にフケがベタベタしている人は、皮脂が多い状態です。皮脂が毛穴を塞いでしまうと、雑菌が繁殖して不衛生になり、抜け毛が増えます。そういう女性には、皮脂分泌を抑制するタイプのレディース用育毛剤がお勧めです。全体的に毛髪が細くコシがない女性に効果的なのが、血行促進をしたり、女性ホルモンに働きかけるタイプのレディース用育毛剤です。毛髪にコシがないのは、頭皮の血行が悪いからです。女性ホルモンが乱れると、冷え性になり、頭皮の血流も悪くなります。育毛剤で血行を促進すれば、毛髪にコシが戻ります。